いつかは独立して自分の店を持ちたいと考えている人は沢山いますが、そこではいくつかの選択肢が出てきます。自分で一から店を立ち上げるか、それとも有名チェーン店とフランチャイズ契約を結ぶかです。どちらにもメリットとデメリットがあるので選ぶ際にはよく考える必要があります。

フランチャイズ契約を結んだ場合

一口にフランチャイズと言っても業種や会社によって様々です。しかし、大まかな流れや契約内容には共通点もあります。ここではそのことを踏まえてフランチャイズ契約を結んだ場合に考えられる問題点やアドバイスをお伝えします。

View more

フランチャイズのメリット

フランチャイズ契約を結ぶと、本部が持っているノウハウを教えてもらえます。一般的にビジネスのノウハウを手に入れるためには、時間や手間がかかるものです。しかし、時間や手間をかけずに成功するノウハウを手…

フランチャイズのデメリット

フランチャイズは、特別なスキルや高額な資金を持たない人でも開業しやすいといった魅力がありますが、業種によっては本部に支払うロイヤリティの金額が大きくなるといったデメリットもあります。例えば、コンビ…

フランチャイズ募集を使うとリスクを抑えて成功できます

フランチャイズ募集を利用することでゼロから事業を興すリスクを取らずに成功した前例を踏襲し、低リスク高リターンの事業を行うことができます。

フランチャイズ契約を結ばない場合

折角自分の店を持つのならすべて自分の責任でやりたい。そう思いフランチャイズという選択肢を外す人もいるでしょう。ここではフランチャイズにない魅力やフランチャイズと比べて苦労する点などをお伝えしますので参考にしてください。

View more

すべてが自分の思うまま

ブランド力の高め方

どちらを選択するにも慎重に

確認しておきたい契約内容

フランチャイズにおける契約の重要性

新たにビジネスを始めようとする場合に、考え得る一つの手段としてフランチャイズチェーンに加入するということがあります。フランチャイズというのは、ビジネスのノウハウやサプライチェーンなどを有する本部と契約することによって、自分で一から事業を立ち上げる手間とコストを抑えることができる優れたビジネスモデルなのですが、それだけにこの契約に規定されている条件が非常に重要となります。すなわち、契約において本部との間でいかなる権利と義務が発生するのかが決められることになるため、後から期待していたサポートを受けることが契約に入っていなかったというようなことにならないよう契約条件は事前にしっかりと把握しておく必要があるのです。

契約において確認すべき点とは?

では次に、フランチャイズ契約の内容を見る場合にチェックすべきポイントについて触れておくことにしましょう。もっとも重要なのは本部に対していかなる義務を負うのか、また本部に対していかなる権利を有するのかという点です。 まず義務のうち代表的なものとしては、ライセンス料の支払いや営業時間などがあります。ライセンス料についてはいかなる計算式で算定されるのかに加えて、支払い時期についてもしっかりと確認するようにしましょう。また明ー、営業時間は必要なスタッフの人数に影響する重要な要素ですので、こちらも確認しておくことが必須です。一方、権利については、本部に対していかなるサポートを要求することができるかを見ておく必要があります。想定しているビジネスを行うのに十分な支援が得られるようになっているかを漏れなくチェックするようにしましょう。

© Copyright Recruitment Franchise Opportunities. All Rights Reserved.